逆流性食道炎による吐き気、胃痛が1ヶ月半で

お客様写真
アンケート用紙

逆流性食道炎による吐き気、胃痛。

 

1回目の施術の後から吐き気はほぼなくなり、毎食後にあった激しい胃痛も頻度が減りました。

それでもしばらくは胃痛が続きましたが、施術を受ける度に痛みの程度は軽くなり、1か月半が経つ頃には、ほぼ痛みはなくなりました。

食事もこれまでと同じように摂る事ができるようになりました。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

自律神経が気になり来院しました。
リウマチと原因不明の痛みから解放されたくて
身体の左半分に違和感が…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加