スタッフ紹介

兼城 和馬

兼城 和馬

役職
院長
出身
うるま市出身
誕生日
平成2年6月24日生まれ
学歴
具志川高校卒業、沖縄統合医療学院柔道整復科卒業
趣味
飲み会、筋トレ 読書 海外ドラマ鑑賞

治療家になったきっかけ

 

沖縄県うるま市で4人兄弟の末っ子として生まれました。

今では感情を表に出さない温厚な性格ですが、幼少期はおしゃべりの多い子だったようです。

小さい頃の写真を見返すと、ほとんどが変な顔でしたり戦隊シリーズのポーズで写っているので少し恥ずかしいです。(笑)

 

小学3年生から高校までサッカーに明け暮れていました。

サッカーをしていましたが長距離を走るのがかなり苦手でした。長距離を走る際はいつも後ろから数えた方が早かったと思います。小学生の頃はいつも練習が苦痛でしたが、頑張って練習を重ねて初めて試合に出させてもらった時に楽しさに気づき、そこからはのめり込むように練習に励んでいました。

中学・高校も地元ではそこそこ強いチームでした。部員も70人近くいたので、その中から試合に出れるのは限られているので、今思うとなかなかハードに運動をしていたと思います。

当時は、疲れ切った体を労わることはせずにどんどん負荷をかけていたので、高校3年のある日、朝起きて寝た状態でくしゃみをした瞬間ぎっくり腰をしてしまいました。傷めた瞬間腰に激痛が走り、身動きが取れない状態でした。立ち上がるまでに10分くらい痛みと格闘し冷や汗ダラダラです。

 

すぐに整形外科に行き、レントゲンを撮りました。レントゲンを撮るのも一苦労で、体勢を少しでも変える度に激痛に襲われます。レントゲンの結果は「異常なしだね、湿布貼って安静にしといてね」との事。ちゃんと先生の言われた通り安静にしてもなかなか良くならず…このまま今後の人生治らないのか?と大袈裟かもしれませんが思っていました。

それから3日経っても良くならず、知り合いの紹介で整骨院に通いました。

 

整骨院の先生は凄く親身に話を聞いてくれて、不安だった私の気持ちが安心した事と、施術を受けた後は、腰が軽くなりました。治らないのではないかと思っていた私に希望を感じる事ができました。

それから通院していく内に、みるみる回復し痛みを堪えて生活していた日々から抜け出すことができました。

 

その時から、整骨院で働き私と同じように苦しんでいる人たちを助けたいと思う様になりました。

 

 

高校卒業後、専門学校に行きながら整骨院で助手として働かせてもらいました。

そこでは、電気をあてる・マッサージをする・ストレッチをする・マッサージ機にのってもらうという事を、流れ作業のようにこなしていました。

「これで本当に治るのか?」という疑問を抱えて仕事をしていました。僕がやりたいと思っていた仕事はこれなのかと半信半疑になっていました。

 

転機があったのは、現在の治療法に出会った事でした。

以前はいかに気持ちよくマッサージをするかという事をしていました。痛みを取り除くと言うよりも、癒してあげるといった感じです。

しかし今の治療法は検査がしっかりしていて患者さんの状態がわかり、それに対しての施術に理論があります。今まで治せなかった痛みやしびれなどの症状が、目に見えて良くなっていく。長年悩んでいた患者さんから「ありがとう!良くなった!」と言われるのがとても嬉しく思います。

 

現在はちゃたん整骨院以外にも、整体の専門学校の講師も務めさせて頂いております。

 

スタッフや患者さんに囲まれて楽しく仕事をできていると実感しています。

来ていただいた皆様の「健康」に最後まで携われるように精進してまいります。

 

 

知念 茉依香

知念 茉依香

役職
柔道整復師
出身
嘉手納町出身
誕生日
平成5年9月2日
学歴
沖縄統合医療学院 柔道整復師学科卒業
趣味
旅行 買い物

治療家になったきっかけ

 

 

私は、小さい頃から体を動かす事が好きで、家の中では遊ばず公園で友達と裸足になって遊んでいました!

小学生の時は、学校帰り雨が降ると傘は差さず裸足になりびちょびちょになりながら

遊んで帰っていたので今思うと少しやんちゃだったかもしれません。笑

元々体を動かすことが好きだったので色々なスポーツを経験してきました。

その中でも1番夢中になったのが小学校5年生の時に始めたテニスでした。

テニスの練習日は、週に1回でしたが学校が終わると家に帰ってすぐテニスコートに行き

友達と夜まで練習、土日は朝から夜までずっとテニスばっかりしていました。

テニス中心の生活は中学生になっても変わらず続いていました。

その成果もあり1年生の時から試合に出させてもらうことができました。

練習は厳しかったですが、毎日が楽しく充実していました。

 

 

中学2年生になり3年生が引退し、キャプテンになり自分たちの代で頑張ろう!と

同級生の部員は4人でしたが結果を残そうと頑張っていました。

子どもの頃からですが、運は良い方だと思っていて、くじびきなどで一等を当てた事が何回かあります。

でも、大事な所では発揮してくれないらしく、大事な大会の対戦相手は毎回強い学校を引いてしまいます。(笑)

頼りにはならなかったかもしれませんが、みんな文句を言わず一緒に頑張ってくれた

メンバーには、とても感謝しています。

 

先輩が引退して、最初の大会前に膝をケガし半月板を手術することになりました。

部員の人数が少なく、大会に出る人数がギリギリだったのでかなり焦りました。

最初は手術するかとても迷い、そのまま部活に参加しましたが思うように動けないと自分でも自覚がありすぐに手術をして、大会に間に合わせるためにリハビリに取り組みました。

でも、リハビリは楽しくないし練習は見ているだけか筋トレで正直全く楽しくなかったです(笑)

リハビリに行くのも嫌になっている時にリハビリを担当してくれた先生が

『 リハビリは楽しんでやらないと駄目だよ、一緒に頑張ろう! 』

と言ってくれた事がきっかけで 「頑張ろう!」 と思う事ができました。

リハビリの時も笑わせてくれたり、メニューを色々考えてくれて楽しく取り組めました。

このリハビリの先生がきっかけでこういう人の体をみて健康のお手伝いができるような仕事に興味を持ちました。

 

その後の体のケアなどで通った整骨院の先生にも、体のケアの仕方や痛みが再発しないようにとアドバイスを沢山教えてもらい、手術をして2週間程で無事大会にも出る事が出来ました!

整骨院の先生には、沢山のアドバイスをもらい自分の事の様に一緒に考えてくれました。

 

一緒に体を良くしていこうとしてくれているのがとても伝わりました。

体の状態もですが、気持ちの部分でもかなり助けて頂きました。

いつか自分もこの先生のように、沢山の方を体だけでなく気持ちの面でも支えることができる先生になりたいと思い、柔道整復師になろうと決心しました。

 

高校を選ぶ時もスポーツや体の勉強がしたかったので、地元のスポーツ系列のある高校に進学しました。

専門学校は、県外か県内が凄く悩みましたが、友人の誘いもあり沖縄にある沖縄統合医療学院に通いました。

2年生の時に、縁がありちゃたん整骨院でアルバイトをさせて頂き、健康になるためには何が大事なのか治療の技術だけでなく学校では学ぶことができない現場の雰囲気や接し方など沢山の事を学ぶことができました。

 

憧れていた柔道整復師の資格を所得することができ、

これからは、患者さんが痛みのない・そして再発せず楽しく好きな事ができる生活を送って頂けるようにお手伝いさせて頂きます!

奥平 敬輝

奥平 敬輝

役職
柔道整復師
出身
沖縄県石垣市
誕生日
平成4年4月7日
学歴
八重山商工卒業 東洋医療専門学校柔道整復科卒業
趣味
飲み会 スポーツをする事

治療家になったきっかけ

沖縄から離れた小さい島「石垣島」で生まれ育ちました。

小さいころからやんちゃでちょこまかと動く、動くたびにどこかにぶつかりけがをする。

顔に傷が無い日があったかわからないくらい本当にせわしい子どもだったと聞いています。

そんな僕も小学3年生になる頃に野球をはじめました。楽しく野球をしていたのですがある日、いつものようにボールを投げようとしたときに強烈に肘に痛みが走りました。ボールを投げるどころか握るだけでも痛い。しっかりと治療をしとけばよかったのですが、もう野球はできないと勝手に思い練習から遠ざかり、野球からも離れていってしまいました。

中学に上がると、野球をしたいと思いながらも、また肘の痛みが出るのではないかと思い迷っていると、バレー部の顧問の先生から何度も「バレーをしてみないか」と言われバレーをしてみることにしました。

最初は「少しだけ」という気持ちで始めたのですが、どんどんやっていくうちに楽しくなり夢中になっていきました。バレーボールは今でも自分を忘れ、無我夢中でできる最高の癒しです。

小学、中学の時には夏の陸上の選手にも選ばれ陸上も必死に取り組んでいました。中学1年の時に大会2週間前の練習中にいきなり股関節が痛くなり、「脚があがらない」「歩くこともままならない」そんな状態になり兄の紹介で整骨院に通う事になりました。

そこの先生には「大会には出たい!!」「来週には練習したい!!」と無茶なお願いばかりしていました。それでも先生は「わかった!!」「大丈夫だよ」と励ましてくれ、応援してくれました。

その先生のおかげで大会に間に合っただけでなく、いい成績を残すことがき、県大会にも出場できました。

その頃から「先生はかっこいいな」「先生みたいになりたいな」と思い始めました。

高校生になったころ、バレーの練習をしていて、県大会4日前に相手の足の上にのってしまい捻挫をしてしまいました。夜になるにつれ足首はパンパンに腫れ、脚を上げるのでさえ激痛、夜も寝むれない程の痛みで次の日の朝一に病院へ行きました。

病院ではレントゲンをとり、痛がっていたのに「骨も問題ないし靭帯にも異常ないから大丈夫。酷い方の捻挫と言うだけで2~3日で治るよ。薬と湿布と少し固定しとくね」とそれだけで終わり。

薬も痛み止めで薬が切れると激痛、大会には少し動けるようになったのですが皆にばれないように痛みにこらえながら必死に試合に出ました。結果はいいものではありませんでした。

大会終了後にも痛みはなかなか引かず、中学時代にお世話になった整骨院に通おうとしましたが、そこの整骨院はもうなくなってしまっていて、仕方なく他の整骨院へ行きました。そこでの先生方も一生懸命治療してくれましたがなかなか治らず、痛みが完全に引くのに1年近くかかりました。

そこでふと「沖縄の整骨院って県外と比べてレベルってどうなんだろう」

「マッサージ、電気治療だけじゃなくて他の治療法とかないのかな」と疑問を抱くようになりました。

将来は「沖縄の皆を助けていける人になりたい!!」

「柔道整復師、治せる治療家になりたい!!」と強く思い始めたのもこの頃でした。

高校卒業後は整骨院の数が一番多く、技術も高いのではないかと考え大阪の専門学校に通い始めました。

学生時代は勉学に励みながら、沖縄とは違う大阪の雰囲気を楽しんでいました。

専門学校卒業後はそのまま大阪の整骨院に就職し、他の先生方に厳しくも優しく指導して頂き、色々な治療の考え方や技術、人の体のみかたなどの他にも人としての考え方などを教わりました。

大阪での修業は苦しくもありましたが、とても充実していて人としても成長できました。

大阪での先生方に感謝しております。

そして、沖縄に帰ってくることになり、ご縁がありましてちゃたん整骨院で働かせていただくことになりました。

夢であった沖縄に帰ってきて、沖縄の皆さんの「健康」に携われることができてとても嬉しいです。

これからも日々技術の習得や勉学に励み、沖縄の皆さんを一人でも多く「健康」な体・生活が送れるように手助けをしていき、一人でも多くの方の笑顔がみれるようにこれからも精進していきます。

宮城 匠

宮城 匠

役職
柔道整復師
出身
本部町瀬底島
誕生日
平成1年10月30日
学歴
北部農林高等学校卒業 鹿児島第一医療リハビリ専門学校卒業
趣味
野球 三線 お酒を飲む

治療家になったきっかけ

小さい頃から運動がすきで、地域のマラソン大会や、駅伝大会に出たり、体を動かすのが好きでした。特に好きだったのが野球でした。

小さい時から、実家のサトウキビ畑や、馬や牛やヤギの世話、草を刈ったり手伝いをしていたので、体力には自信がありました。

祖父祖母の畑の手伝いをしながら、小学校3年生頃から本格的に野球を始めました。

僕が通っていた学校が小規模校で、野球部に必ず入らないといけなくて、最初はしぶしぶしていたのですが、練習をしていく内に出来なかった事が出来る様になり、どんどん野球の楽しさに気づき、一生懸命打ち込むようになりました。

中学校になると野球をしながら、駅伝や陸上も並行してやっていて、陸上と野球シースンが重なると、朝は陸上の練習、終わったらすぐ野球の練習とハードでした。

当時、ケアの大切さを知らず、動かすだけ動かして酷使していたせいか、腰痛と右足首の痛みが出るようになりました。

テーピングや、痛み止めを飲んで誤魔化していましたが、その痛みがだんだんと酷くなってきて、痛みに耐えながら練習していたので、思うように動けず苦痛だったのを覚えています。

痛みで困っていた時に、監督に紹介してもらったのが整骨院でした。

最初は、「整骨院は何するのだろう?少し不安だな」なんて思っていました。初めは緊張していたものの、先生方が親身になり話を聞いてくれたり、今は何した方が良いなどアドバイスをしてくれたり、すごく心強くかったですし、落ち着いて施術を受けられ、安心して通えました。

高校になりもっと練習がハードになり、整骨院に行く時間もなく、整骨院に通えない日が多くなりました。そのため、練習中に一歩踏み出しただけで、激痛が出る様になりました。

痛みを我慢してやっていましたが、次第に練習ができなくなり、ケガしている為、レギュラーも外されて、精神的・肉体的にもかなり落ち込んでしまい「このまま野球やめようかな…」と思う様になり、すごく悩みました。

なかなか痛みが収まらなかったので、中学生の時に通っていた整骨院にまた来院しました。

当時は、何度も通うたびに、「ケガを早く治したいです」などと、色々言って凄く先生方を困らせていたかもしれません(笑)

その時は、不安感や焦る気持ちしかなく、気持ちだけ先走っていました。

先生が「焦る気持ちはわかるけど、必ず治るから心配しないで。頑張って身体良くしていこうね」と言ってくれました。治るから心配しないで、と言う言葉がすごく心強かったです。

整骨院に通い始めていくうちに、痛みも治まってきて徐々に動ける様になり、何より沈んでいた気持ちも明るくなっていたのが、自分でもわかるぐらい元気になりました。

先生方のお陰で、また野球が出来る様になり、野球の楽しさを思い出し、レギュラーも勝ち取る事が出来ました。当時の先生方には、心から感謝しています。

また、僕が高校3年の時に、祖父が脳梗塞になってしまい、右半身が思うように動けなくなりました。

昔からおじーちゃん・おばーちゃん子で、祖父の脳梗塞はすごくショックで「祖父を元気にしてあげたい、今よりも動けるようにしたい」と思うようになりました。

昔から、人の役に立つ仕事がしたいと思っていました。

当時の将来の夢は「造園師」になるのが目標でしたが、ケガや祖父の脳梗塞の経験をして「整骨院で働く仕事もあるんだ!こういう風に人助けできる良い仕事があるんだ!将来、僕も痛みで困っている人の心も体もケアして楽にしてあげたい」という思いがだんだん強くなり、今の仕事を目指しました。

高校の3年生の時に、進路の先生から「鹿児島県の第一医療リハビリ専門学校は、体験入学しているから、行ってみないか?」と言われ、自分の目でどういう事をするのか確認したい気持ちもあったので、体験をしてきました。

専門学校の先生方から、体の事や取り組みなど色々話を聞き、ここに入学したいと思い、高校を卒業後、鹿児島第一医療リハビリ専門学校で3年間専門分野を学び、柔道整復師免許を無事取得しました。勉強は専門だけあって難しく、今までで一番勉強したかもしれません(笑)

その後、卒業したのちそのまま鹿児島で6年半就職しました。

鹿児島の整骨院で働くにあたって、鹿児島の先生方に色々ご指導してもらい、実際の現場に出て、患者さんに触れて学ぶ事は多く、鹿児島での6年半ですごく成長できたと思います。

自分を成長させてくれて、鹿児島のスタッフはじめ、鹿児島の患者さん、自分と携わった人にすごく感謝しています。

鹿児島で働いている時から「痛みで困っている患者さんや、どうしたら楽に生活を送くれるか、痛みが再発しないようにはどうしたらいいか」と言う事を念頭に置き、健康に携わってきました。

いずれは沖縄に帰ってきて、沖縄の人を元気にしたいと言う気持ちが強かったです。

今、こうして沖縄の方々の健康に携われている事がすごく嬉しいです。

これからは、今まで学んだ知識や経験・考えなどを活かして、沖縄の人が元気になるように、サポート・お力になりたいと思います。

ちゃたん整骨院から患者さんを元気に致します。